ホーム / ミュージアム / 特別展のお知らせ

特別展

特別展

 

「林忠彦写真展―日本の作家109人の顔」

 

 ―作家が「文士」と呼ばれていた時代、彼らの肖像を描いた写真家がいた。―

 

 昭和を代表する写真家の一人、林忠彦(1918-1990)が日本の作家109人を撮った写真展。作家が文士であった昭和という時代。その時代を生きた「顔」を記録した写真107点に加え、もう一つの作家の「顔」といえる代表作や初版本が展覧会に華を添えます。

 戦後という時代を撮り続けた林忠彦は、銀座のバー「ルパン」に集う無頼派作家たちと出会ったのをきっかけに、戦後の日本文学を担う文士たちの姿を撮り続けました。戦後復興の東京を生きる、力強く個性的な文士たちの「顔」。エネルギーがあふれる時代の息吹を、彼らの姿とその作品から、感じ取っていただければ幸いです。 

tのコピー.jpg

 

 

 

 

会期

平成26年 9月26日(金)~11月25日(火) 休館日:10月20日(月)、11月17日(月)
 

開室時間

平日 10:00~20:00、土曜 10:00~19:00、日・祝 10:00~17:00
 

観覧料

一般300円、大学・高校生200円、千代田区民・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は無料

※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳をお持ちください。
 

特別協力:周南市美術博物館

 

協力:神田古書店連盟 

 

監修:林義勝

 

企画協力:モッシュブックス

 

sakaguchi.jpg  100井上靖.jpg

              「坂口 安吾」                    「井上 靖」

 

本展の見どころ

 

■未公開のコンタクトシート

決定カットとその前後のカットが入ったコンタクトシート4枚を初めて展示します。

※コンタクトシートとは、ネガフィルムを1枚の印画紙に焼き付けたもの。プリントする写真を選ぶためなどに利用された。

 

■井上靖の直筆原稿

林忠彦に寄せた「林忠彦氏の仕事」の直筆原稿6枚が展示されます。

 

contact_kawabata.jpg  kawabata.jpg

             「コンタクトシート」               「川端 康成」 

 

関連イベント

 

■対談「林忠彦の見た、昭和という時代」

講師:岡井耀毅(写真ジャーナリスト)、飯沢耕太郎(写真評論家)

日時:10月18日(土)14:00~15:30(受付13:30~)

内容

戦後写真史を俯瞰した視点から見たとき、林忠彦の仕事はどう位置付けることができるのかについて語り合う公開対談。

 

■鼎談「林忠彦の写真に見る文士たちの生き様」

講師:坂口綱男(写真家)、檀太郎(エッセイスト)、林義勝(写真家)

日時:11月4日(火)19:00~20:30(受付18:30~)

内容

戦後の激動の時代を生きた「作家」とはどういう存在だったのか、林忠彦はそれをどう切り撮っていったのかについて、林忠彦、作家の坂口安吾、檀一雄のご子息たちが語る公開鼎談。

 

上記いずれも

会 場:日比谷図書文化館地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

参加費:1,000円(千代田区民500円 ※住所が確認できるものをお持ちください)

定 員:200名(申込順、定員に達し次第締切) 

申し込み方法

お電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、ご来館(1階受付)のいずれかにて、講座名・お名前(よみがな)・電話番号をご連絡ください。