ホーム / ミュージアム / 特別展のお知らせ

特別展

特別展

 

祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ

 

『吾輩ハ猫デアル』装丁案.jpg

                  『吾輩ハ猫デアル』装丁案

 

2016年1月23日から開催中の特別展「祖父江慎+コズフィッシュ:ブックデザイ」は展示替えを行い、2月16日(火)より後期「ish編」を開催しています。
コズフィッシュ20世紀書庫が21世紀書庫へと様変わり。
金属活字から写真植字、そしてDTPへと、1980年代以降印刷技術はどんどん変化してきましたが、技術の発展に伴い変化するデザイン、変わらないデザインと、さまざまな顔を目撃することになるでしょう。
また『心』新装版の創作過程を、漱石自筆原画などを基に紹介する漱石部屋。後期では現在まさに制作途中にある『吾輩ハ猫デアル』新装版を中心に紹介します。橋口五葉による斬新で心ときめく装丁の初版本と袖珍本――祖父江氏による新装版は五葉の意をくんだものになります。五葉のデザインと、これまでに出版された数々の『吾輩は猫である』を研究しつくした結果が反映されたユニークな展示となります。
前期から更にパワーアップしたコズフィッシュワールドを是非お楽しみください。

 

主  催:千代田区立日比谷図書文化館

共  催:公益財団法人DNP文化振興財団

 

《会期》

開催中~3月23日(水) ※休館日:3月21日(月・祝)

 前期「cozf編」:1月23日(土)~2月14日(日)

 後期「 ish編」:2月16日(火)~3月23日(水)

 

《会場》

1階 特別展示室

 

《開室時間》

平日 10:00~20:00、土曜 10:00~19:00、日・祝 10:00~17:00
※入室は閉室の30分前まで

 


【お知らせ】

 

毎週末(土曜日・日曜日)は入場までの待ち時間や会場内の大変な混雑が予想されます。入場制限を行う場合もございますので、ご来場の際はお時間にゆとりを持ってお越しください。


《観覧料》

一般300円、大学・高校生200円、千代田区民・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は無料

※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳をお持ちください。

 

 

      漱石『心』(岩波書店 2014年)         京極夏彦『どすこい(仮)』(集英社 2000年)

 

《本展の見どころ》

本がどのように作られるのか、アイデア・プラン出しから始まってそれらを実現するための試行錯誤を、本に使われる紙や本の構造、印刷方法から製本まで、祖父江氏が実際にデザインした本を例に盛りだくさんでお届け。また多くの日本人に馴染みのある夏目漱石『心』『吾輩ハ猫デアル』新装版の制作プロセスを細かく紹介。『心』装丁のために漱石自身が描いた装画や初版本のゲラなど、貴重な漱石自筆作品も展示されます。

 

  吉田戦車『伝染るんです。』(小学館 1990年)          楳図かずお『恐怖』①②(小学館 2006年)

 

《展示構成》

●コズフィッシュの書庫

後期展示=21世紀の書庫
祖父江慎+コズフィッシュによる2000冊を超える全装丁本のうち、2001年以降に出版された本を展示。
●本の実験室
迷う脳みそ、紙の背骨、文字を並べる、刷っちゃう 盛っちゃう、凸や凹や口、本の寿命、闇で見る、音のカタチ――
本造りのさまざまな工程をユニークにテーマ分けして紹介します。
●漱石室
現在制作中の『吾輩ハ猫デアル』新装版に関連した展示がお目見え。

 

かなバンク「ツルコズ」フォント タイプバンク 2012.jpg祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ.JPG

  かなバンク「ツルコズ」フォント タイプバンク2012               前期展示の様子(コズフィッシュの書庫)

 


《プロフィール》

祖父江 慎(そぶえ しん)

グラフィックデザイナー。コズフィッシュ代表。1959年愛知県生まれ。多摩美術大学に入学するが、杉浦康平に憧れ、在学中の1981年から工作舎でアルバイトを始め、大学中退。在学中は漫画研究会に所属、先輩にしりあがり寿、喜国雅彦がいた。1987年工作舎退社。秋元康が設立した株式会社フォーセールでアートディレクターを務め、1988年独立。1990年コズフィッシュ設立。人文書、小説、漫画などの書籍の装丁やデザインを幅広く手がける。吉田戦車の漫画本をはじめとして、意図的な乱丁や斜めの断裁など、装丁の常識を覆すデザインで注目を集める。
近年、「スヌーピー展」「エヴァンゲリオン展」「ゲゲゲ展」「ゴーゴーミッフィー展」など、展覧会のグラフィック、アートディレクションを手がけることも多く、展覧会グッズでは独特の感性を爆発させたユニークな商品を開発している。

 

 


※この度、配布開始が遅れておりました展示小冊子は、2月8日(月)より配布を開始しました。
 お客様には大変なご迷惑をお掛けしましたことを御詫び申し上げます。

 


 

《関連イベント》

■対談「造本あれこれそれ話」【終了しました】

日 時:2月18日(木)18:30~20:00 (受付18:00~)

講 師:祖父江慎(グラフィックデザイナー)

    白井敬尚(グラフィックデザイナー/武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授)

内 容:

現在第一線で活躍するグラフィックデザイナー、祖父江慎氏と白井敬尚氏。同世代で、同じく出版を中心に仕事をする二人だが、各々のつくり出すブックデザインはまったくタイプが異なり、一見デザインへのアプローチの仕方がまったく違うように見えます。そんなお二人に造本に対する考え方を語っていただきます。


■鼎談「漱石本制作の舞台裏」【満員御礼受付終了】

日 時:3月10日(木)18:30~20:00(受付18:00~)

講 師:祖父江慎(グラフィックデザイナー)

    渡部朝香(岩波書店単行本編集部)

    前田耕作(岩波書店製作部)

内 容:

昨年、祖父江氏の装丁デザインにより新装された夏目漱石著『心』(岩波書店/2014年)や、現在制作中の『吾輩ハ猫デアル』(岩波書店/2016年3月刊行予定)について、祖父江氏と岩波書店の担当編集者および製作部の方を講師に迎え、新装版制作時の裏話や見どころについて語っていただきます。

 


■ツアー「祖父江さんと行く 大日本印刷工場見学」【終了しました】

日  時:2月2日(火)13:00~17:00

集合場所:JR宇都宮線「白岡駅」

参 加 費 :無料(現地までの交通費は各自負担)


 

 

 

※取材のお問合せ先

広報営業部門:並木

TEL:03-3502-3340