ホーム / 特別研究室 / 内田嘉吉文庫

内田嘉吉文庫

内田嘉吉文庫について

内田嘉吉

内田嘉吉氏(うちだ・かきち、1866〜1933)は、逓信官僚として日本の海事関係に関する法律の整備などに尽力し、また台湾総督も務め植民地行政に携わりました。後には貴族院議員や私立東京商業学校校長を務め、学校教育・社会教育の分野でも実績を残しました。内田嘉吉文庫は、内田氏の蔵書約16,000冊を、氏の没後、昭和9年に当時の東京市立駿河台図書館(千代田図書館の前身)が受託したもので、平成23年11月、日比谷図書文化館4階、特別研究室に移転しました。特別研究室では、内田嘉吉文庫を自由に手にとって閲覧や研究にお使いいただけます。

内田嘉吉文庫は外国語図書が70%以上を占めているほか、内田氏の仕事柄東洋交通関係の古刊書が豊富なことが、この文庫の特徴の一つです。そのなかでも有名なものとしては、中世末〜16世紀の古地誌と航海誌を網羅する大叢書として世界的評価を得ている「ハクルート協会」発行の叢書のうち、第1期刊行の100冊のほとんどを備えているところは世界的にも少なく、研究資料としての意義が高いと考えられます。

平成25年度より、約16,000冊のすべての蔵書がデータベース化され、『内田嘉吉文庫検索システム』で調べることができるようになりました。

蔵書コレクション紹介

内田嘉吉文庫検索システム(※別システムに移動いたします)


内田嘉吉の略歴

慶應2年10月12日 東京神田に生まれる
明治17年 東京外國語学校独逸語科 卒業
明治24年 帝國大学法律学科 卒業
逓信省に奉じる
石島リン子と結婚
明治34年 逓信省管船局長に任ぜられる
明治43年 台湾総督府民政長官に轉任するまで、主として海事行政に携わる
大正6年 逓信次官に任ぜられる
大正7年 逓信次官退官、貴族院議員に勅撰
大正8年 私立東京商業学校長に就任
大正12年 台湾総督に任ぜられる
大正13年 海事研究会会長就任
台湾総督退官
日本電信電話株式会社取締役社長に就任
昭和2年 水上協会会長就任
日本海員掖濟会理事長に就任
昭和8年 1月3日没(享年68歳)
叙正三位