ホーム / 特別研究室 / 特別研究席の利用方法

特別研究席の利用方法

勉強やビジネス、グループワークに最適なスタディルーム

研究席.JPG

特別研究席は、上質なデスク環境があり、江戸時代~昭和戦前期に発行された約20,000冊の古書資料に触れることができる、とても快適なスタディルームです。

ビジネスでの利用や自学自習にベストな環境なのはもちろん、グループで貴重な蔵書を紐解きながら、自由に議論することもできます。

 

抜群のPC利用環境

全席に電源コンセントを完備し、有線・無線LANのどちらでもインターネットをご利用になれます。(LANケーブルの貸出あり)

 

近代日本の知を伝える約20,000冊の古書資料

内田嘉吉文庫や和本をはじめとする、特別研究室の貴重な古書資料約20,000冊をデスクでじっくりとご覧になれます。特別研究室の蔵書についてはこちら。


友人同士やグループでの利用も可

平日10時から12時までは、利用者同士で本を通じた交流や勉強会、セミナー等も開催できる時間としていますので、グループでのご利用に最適です(テーブル等の備品あり)。

毎週木曜日には「特別研究室モーニングセミナー」を開催しています。

 

利用条件

18歳以上の千代田区立図書館の利用登録者(高校生を除く)

※高校生以下の利用については、保護者の同伴が必要です。

 

利用時間と料金
時間 料金

平 日/10:00~20:00

土 曜/10:00~18:00

日・祝/10:00~16:00

※一回のご利用は2時間単位

300円/2時間

■利用の流れ

① 4階特別研究室受付にて千代田区立図書館の貸出券、または名刺など連絡先がわかるものをご提示いただきます。

② ご希望の利用時間(2時間単位)に応じた料金をお支払いいただきます。

③ 貸出券をお預けのうえ「特別研究席利用カード」「特別研究席専用ロッカー鍵」「持ち込み用バッグ」をお受け取りいただきます。受付横の「特別研究席専用ロッカー」にカバン等手荷物を預け、貴重品等の持込は「持込み用バッグ」をご利用ください。

④ 古書奥の特別研究席へのドアを開け、「利用カード」に記載された番号の座席をご利用ください。

⑤ 退室時は受付に資料を返却し、ロッカーから手荷物を取り出した後、「利用カード」「ロッカー鍵」「持込み用バッグ」と引き換えに貸出券をお受け取りください。

 

■特別研究席の利用延長について

・空席がある場合、あらためて利用手続きを行います。


利用にあたっての注意とお願い

特別研究室の利用にあたっては、以下の事項に必ずご注意ください。

 ■特別研究席の利用について

・「利用カード」は、特別研究席ゾーンへ入るためのカードキーを兼ねています。ご利用中は紛失しないよう、常にケースに入れて首から提げてください。

・特別研究席は利用者同士の研究・交流活動の場として、他の利用者に配慮したうえでの会話を認めております。ただし、会話をする際には、くれぐれも周囲の方々への配慮をお忘れなきようお願いいたします。他のお客様からご指摘いただいた際には、会話をご遠慮いただきます。

・音声や音楽を聞く際には、必ずイヤホンをご使用いただき、音漏れのないようボリューム調整をお願いいたします。

・室内での通信機器を使った通話はご遠慮ください。携帯電話などでの通話の際は、4階エレベーターホールに出て通話をお願いいたします。


■特別研究席への手荷物の持込みについて

・中身の見えないカバンやB5版以上の紙袋・封筒などは持込めません。受付時にお渡しする「持込み用バッグ」に筆記用具や財布・パソコン・貴重品などを入れてご利用ください。

・飲食は厳禁です。ただし、アルコール類を除くフタ付きの飲料のみ、お持込みいただけます。

・ロッカーに保管した荷物および特別研究室(席)に持込んだ荷物や貴重品の保管・管理について、当館は一切の責任を負いかねます。