ホーム / 日比谷カレッジ / 日比谷カレッジとは・参加申込方法について

日比谷カレッジとは・参加申込方法について


日比谷カレッジ:Hibiya College
学ぶを楽しむ。学びが広がる。都心の森の学び舎。


ビジョン

カレッジ(学寮)の語源に「学生が共同宿泊して学習および研究をする」とあります。
この語源に倣い、日比谷図書文化館そのものが「共に学び共に考える」「互いの学びを刺激し豊かにする」「自ら考える力の創造」こうした要素がつまった“ 学び舎 ”でありたいとの願いから各種学習プログラム(講座・イベント等)の総称を「日比谷カレッジ」としました。

日比谷カレッジはさまざまな“学び”で満ちています。
好奇心を刺激する学び。
スキルアップ・センスアップにつながる学び。
生活に潤いを与える学び。
広く深い教養を身につける学び。
時代を拓く新たな価値を創出する学び。 ・・・
そんな各人各様の世界を広げる“学びの入口”
それが「日比谷カレッジ」です。

いつの日か、ここで学んだあなたが自らの学びを
周りの人や地域へ発信し共有していく。
そんな「学びの発信・共有」「学びの広がり」を日比谷カレッジは目指します。


学びのカタチ

日比谷カレッジは組織としてイメージする大学ではありません。「日比谷カレッジ」という総称の下、“5つのカテゴリー” “2つのスタイル” のさまざまなプログラムを講座やセミナー、講演会、イベントといったカタチで、手軽なものから専門的なものまで幅広く展開します。
さまざまな学びのカタチを体感し、自分にとっての「学び」と「学ぶスタイル」をここから見つけませんか。

5つのカテゴリー

江戸・東京 江戸・東京の歴史や文化をテーマの起点とします。
本にこだわり『本』から始まります。
スキルアップ 自らのスキル向上のきっかけを提供します。
芸術 美術や音楽、映像、写真など芸術を起点とします。
センスアップ 新たな興味関心の発見で自らのセンスを磨きます。

2つのスタイル

講義型

講師と参加者という講義スタイルの下、テーマに沿って展開します。
プログラムによっては、講義の場所をカフェに変えたり、体験的な要素を取り入れたり、これまでと少し違った講義型のスタイルを目指します。

ワークショップ型

ファシリテーターを中心に参加者同士が自発的に発言や体験できる環境の下、新たな学びを創出します。枠にとらわれず学びのゴールは、全員で創ります。
学びの刺激や学びあいがつまった、本来の学びの楽しさ、深さを追求する、より発展的なスタイルを目指します。






講座やセミナー、講演会、イベント終了時にテーマに沿った関連する『本』を紹介します。そこに、次の学びのきっかけがつまっているかもしれません。

館内でのコミュニティの結成を応援します。日比谷カレッジで共に学んだことをきっかけに、もっと学びを共有したい、広げたい、そんな想いに応えます。



参加申込方法

日比谷図書文化館宛にメール、電話にてお申し込みいただけます。

 電話:03-3502-3340
 (平日10時~22時、土曜10時~19時、日・祝10時~17時)
 Eメール:college@hibiyal.jp
 講座名、お名前(よみがな)、お電話番号をご連絡ください。


※一部の講座・イベントは申込方法が異なりますので、詳しくは「現在募集中の講座」より、各講座の詳細をご確認ください。
現在募集中の講座はこちら