千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

石獅子(夫婦2頭) 1対

いしじし(めおとにとう) いっつい

指定区分 区指定
指定種別 有形民俗文化財
所在地 外神田二丁目16番2号 神田神社
指定・選定・
登録年月日
平成3年4月1日
解説 神田神社所有。文久2年(1862)に、当社の氏子である両替商仲間たちにより奉納されたもの。神社境内の獅子山に据えられていたが、大正12年(1923)の関東大震災で獅子山自体が崩壊した際、子獅子は紛失したものの親獅子二頭は保存され、現在の再建された獅子山に据えられている。社伝によれば、作者は油屋藤兵衛とされ、神田神社とともに相模大山不動尊・成田山新勝寺の3箇所に作ったとされる。神田神社本殿の右手前、獅子山の脇に、千代田区教育委員会の説明板がある。
公開状況 公開
現地説明板などの表示 あり

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール