千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

水野年方顕彰碑 1基

みずのとしかたけんしょうひ いっき

指定区分 区指定
指定種別 有形文化財(歴史資料)
所在地 外神田二丁目16番2号 神田神社
指定・選定・
登録年月日
平成13年4月1日
解説 神田神社所有。浮世絵系の日本画家である水野年方(慶応2年・1866〜明治41年・1908)を顕彰するため、大正12年(1923年)5月に、門人らが建設した記念塔。水野年方は、神田に生まれ、14歳で歌川派の月岡芳年の門に入り、芝田芳洲・三島蕉窓・渡辺省亭らの画風も学んでいる。門弟には、鏑木清方・池田蕉園など、近代日本画を代表する画家たちがいる。作者は不詳、材質は石、寸法は高さ378.4cm、六角形の一辺40.7cm。顕彰碑の右脇、神田神社北参道沿いに千代田区教育委員会の説明板がある。
公開状況 公開
現地説明板などの表示 あり

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール