千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

銅製梵鐘 1口

どうせいぼんしょう ひとくち

指定区分 区指定
指定種別 有形文化財(工芸品)
所在地 麹町六丁目4番地2 心法寺
指定・選定・
登録年月日
平成10年4月1日
解説 心法寺所有。心法寺開山(慶長2年・1597)以来使用されてきた梵鐘が破損したため、五世寂誉上人が改めて自坊において鋳造し直したもの。延宝4年(1676)の作で、梵鐘を鋳造するに際して喜捨をなした多数の人々の名前が見え、他にも「当町念仏講中」、「八丁目念仏講中廿人」、「念仏講中」などともあり、さまざまな人々がこの梵鐘の鋳造に関わっている。作者は幕府御用を勤めた鋳物師椎名伊豫藤原吉寛、材質は銅、寸法は総高1640.0cm、鐘身高121.0cm、口径85.8cm、龍頭高31.0cm。銅製梵鐘の手前に、千代田区教育委員会の説明板がある。
公開状況 公開
現地説明板などの表示 あり

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール