千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

三谷家美術資料 514点

みたにけびじゅつしりょう ごひゃくじゅうよんてん

指定区分 区指定
指定種別 有形文化財(絵画)
所在地 日比谷公園1番4号 区立日比谷図書文化館
指定・選定・
登録年月日
平成20年4月1日
解説 絵画及び人形などで構成されているため、指定種別は有形文化財(絵画・工芸品)となる。三谷久也所有(千代田区教育委員会寄託)。人形は残存例の少ない幕末の江戸の商家の五月飾りとして貴重であるほか、山車人形を手がけたことで知られる松雲斎徳山の作品とも通ずる特徴をもっている。このことは、徳山が二代・三代原舟月父子と同様に、数センチの芥子雛から数メートルの山車人形まで、客の求めに応じて作りこなす職人であることを示している。「能画猩々図屏風」は河鍋暁斎としては珍しく謹厳な作調を守った作品であり、かつ作例の少ない若い頃の作品としても貴重である。
公開状況 非公開
現地説明板などの表示 なし

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール