千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

柳の井・桜の井

やなぎのい・さくらのい

指定区分 都指定
指定種別 旧跡
所在地 千代田及び永田町一丁目1番
指定・選定・
登録年月日
昭和30年3月28日
解説 環境省・衆議院所有。柳の井・桜の井は名水として知られ、江戸時代にはともに『江戸名所図会』や『新編江戸志』などにも取りあげられている。桜の井は、井伊家上屋敷の表門前に位置し、「甘泉」などと称されていた。柳の井は、井伊家上屋敷下の同家番所の脇を降りて行った堀端にあり、どのような旱魃でも枯れなかったといわれている。国会前庭北地区洋式庭園の下で首都高速道路(首都高速四号新宿線)のトンネルの上に桜の井が(内堀通りの整備により、国会前交差点の付近からここに移設)、桜田濠の土手に柳の井が、それぞれ現存している(柳の井は、土手内立ち入り禁止で、接近不可)。
公開状況 柳の井は非公開。桜の井は井戸枠が見学可能。
現地説明板などの表示 あり

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール