千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

旧日比谷公園事務所(東京都公園資料館) 1棟

きゅうひびやこうえんじむしょ(とうきょうとこうえんしりょうかん) いっとう

指定区分 都指定
指定種別 有形文化財(建造物)
所在地 日比谷公園1番
指定・選定・
登録年月日
平成2年3月22日
解説 東京都所有(建設局管理)。東京市の技師福田重義が設計し、わが国最初の洋式公園日比谷公園の管理事務所として、明治43年(1910)11月に竣工しました。建物の規模は桁行12.6メートル、梁間7.2メートル。洋式の日比谷公園に相応しいように設計されたドイツ・バンガロー風の瀟洒な建築物で、明治期の数少ない近代洋風建築の一つとして建築史上貴重なものである。昭和51年(1976)に公園資料館として使用するため内部を改造しているが、構造の躯体、軸組、外観の変更は僅かでよく旧態を留め、2階の展示室にある腰板・棹縁天井・ベイウィンドーの腰掛け、また階段などに当初の名残がある。
公開状況 公開
現地説明板などの表示 あり

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール