千代田区の文化財

閉じる

指定文化財資料

植物染料(紅・紫根)生産・製造 1団体

しょくぶつせんりょう(べに・しこん)せいさん・せいぞう いちだんたい

指定区分 国選定
指定種別 選定保存技術(無形文化財)
所在地 丸の内三丁目2番2号 東京商工会議所内
指定・選定・
登録年月日
昭和54年4月21日
解説 財団法人日本民俗工芸技術保存協会保持。紅・紫は、古くから我が国の代表的な植物染料の一つとして、染色に欠くことのできないものであるが、最近その栽培・生産が減少し、あるいは採集が困難となってきており、伝統的染織関係者にとって大きな問題となってきている。 紅花は、エジプト・小アジア地方原産のキク科植物で古く中国を経て我が国に伝来し、染料をはじめ、化粧用、薬用として広く用いられてきた。江戸時代には出羽、相模、上総、筑後、薩摩等でその栽培が盛んに行われたが、特に最上地方のものは質がよく、最大の生産量を示していた。
公開状況 非公開
現地説明板などの表示 なし

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール