千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】江戸歴史講座 第45回 悩み苦しんだ人、徳川光圀

キーワード 日比谷カレッジ
内容徳川光圀は水戸黄門として人々に親しまれている人です。その印象は明君で人格者です。光圀は18歳のときに兄の子が跡を継ぎ、一方自分の名を伝える決心をしました。そのために『大日本史』の編纂もしました。大名としても明君であろうとしました。しかし、光圀の一生は政治的にも思想的にも苦難の道でした。最後は生類憐みの令の悪政と気まぐれな賞罰厳明政策をとる将軍綱吉との対立です。光圀の隠居は事実上の処罰でした。西山荘では酒で鬱憤を晴らす一方、綱吉の許しを待つ日々でした。それでも意志を貫く努力を続けたのです。本講演では、そんな徳川光圀の本当の姿に迫ります。

※千代田区民の方は参加費が割引となりますので、当日住所が確認できるものをお持ちください。
日にち 2017年09月27日(水) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(事前申込順)
参加費用 1,000円(千代田区民500円)
講師・出演者 吉田俊純
プロフィール ■吉田 俊純(よしだ としずみ)
筑波学院大学名誉教授。1945年、東京都江東区に生まれる。1971年、横浜市立大学文理学部文科卒業。1974年、東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。同年、茨城県立歴史館史料部史料室研究員。1990年、東京家政学院筑波短期大学助教授。2016年、筑波学院大学を退職、名誉教授。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年08月16日 10:00 から2017年09月27日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 09月