千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

開催まで [あと29日]

イギリスのカントリー・ハウス

キーワード 日比谷カレッジ
内容貴族や大地主が代々暮らす館「カントリー・ハウス」は「マナー・ハウス」とも呼ばれ、イギリスの貴重な文化遺産である共に、その多くはイギリスの観光の大きな部分となっています。実際、国内観光の目的地として、カントリー・ハウスがもっとも多くの観光客を集めているというデータもあるくらいです。美術品や建築、美しい庭園だけでなく、博物館やサファリ・パークなどによって人気を集めている館もあります。この講座ではイギリスのカントリー・ハウスと観光の関係を見ていきます。
日にち 2017年09月22日(金) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 新井潤美
プロフィール ■新井 潤美(あらい めぐみ)
上智大学文学部英文学科教授。イギリス文化・文学における「階級」の要素が主な研究対象。著書は『階級にとりつかれた人びと 英国ミドル・クラスの生活と意見』(中公新書)、『不機嫌なメアリー・ポピンズ イギリス小説と映画から読む「階級」』(平凡社新書)、『自負と偏見のイギリス文化—J・オースティンの世界』(岩波新書)、『執事とメイドの表裏—イギリス文化における使用人のイメージ』(白水社)、『パブリック・スクール イギリス的紳士・淑女のつくられかた』(岩波新書)ほか。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年07月30日 10:00 から2017年09月22日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17