千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

ニュースを読み解く技術~「ポスト真実」時代のリテラシー

キーワード 日比谷カレッジ
内容みなさんは、ニュースでよく見る「〜の方向で検討に入った」と「〜に向けて最終調整に入った」という表現の違いを説明できるでしょうか。どちらも「〜することがほぼ決まった」という意味?実は、原稿を書いている記者たちは、状況によって使い分けているのです。

ニュースのどこに注目すれば「真実」が見えてくるのか。ネットに溢れる「フェイクニュース」に騙されないためには何に気をつければいいのか−−−。日経新聞の元記者が、新聞、テレビ、ネットのニュースを10倍活用できるようになる技術を、わかりやすく解説します。
日にち 2017年09月21日(木) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 地下一階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 0921 ニュースを読み解く技術 チラシ
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 松林薫
プロフィール ■松林 薫(まつばやし かおる)
1973年、広島市生まれ。ジャーナリスト。京都大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修了。1999年、日本経済新聞社に入社し、経済解説部、経済部、大阪経済部、経済金融部で経済学、金融・証券、社会保障、エネルギー、財界などを担当。2014年10月退社し、同年11月に株式会社報道イノベーション研究所を設立。2016年4月から関西大学総合情報学部特任教授(ネットジャーナリズム論)。

著書に『新聞の正しい読み方』NTT出版)、『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』(晶文社)がある。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年07月20日 10:00 から2017年09月21日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 09月
1 2