千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】アルセーヌ・ルパンシリーズの魅力とは? ―怪盗の素顔―

キーワード 日比谷カレッジ
内容アルセーヌ・ルパンは1905年、フランスの月刊雑誌「ジュ・セ・トウ」紙に初めて登場しました。以来、100余年を経た現在にいたるまで、怪盗の代名詞として、恐れを知らない冒険者として、永遠のヒーローとして読者を魅了し続けています。本講演では、そうしたルパン・シリーズの魅力を、ルパンのキャラクター、ミステリ小説としての特徴、シリーズの変遷、映像化作品への発展、さらにはルパンを生み出したモーリス・ルブランとはいかなる作家だったのかなど、多方面からお話したいと思います。
日にち 2017年08月29日(火) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 平岡敦
プロフィール ■平岡 敦(ひらおか あつし)フランス文学翻訳家
1955年千葉市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、中央大学大学院修了。中央大学、青山学院大学、法政大学等でフランス語、フランス文学を教えるかたわら、フランス小説とりわけフランスミステリの翻訳、紹介に努める。『この世でいちばんすばらしい馬』、『水曜日の本屋さん』で産経児童出版文化賞翻訳作品賞、『オペラ座の怪人』で日仏翻訳文学賞、『天国でまた会おう』で日本翻訳家協会特別賞を受賞。ルパン・シリーズの新訳にも意欲的に取り組み、『怪盗紳士ルパン』、『ルパン対ホームズ』、『奇岩城』などを上梓している。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年07月02日 10:00 から2017年08月29日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 08月
1 2 3 4