千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】眠れていますか?科学者と睡眠について語る夜

キーワード 日比谷カレッジ
内容仕事や家事でゆっくり眠れない日が続いていませんか?

睡眠不足が続くと、仕事の生産性が下がるばかりか、生活習慣病や精神疾患など、さまざまな病気にかかりやすくなります。

本講演前半では、睡眠研究の世界的権威・柳沢正史氏が、最新の研究成果を交えながら睡眠について解説します。

後半では、柳沢氏と皆さんで、私たちがどうしたらよい睡眠がとれる生活を送ることができるかを対話も交えて考えていきます。

七夕の夜に、安眠できる社会への願いを込めませんか?
日にち 2017年07月07日(金) 19:00から21:00
日にち説明 18:30開場
場所 地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 講座ポスター
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 柳沢正史/樋江井哲郎
プロフィール ■柳沢 正史(やなぎさわ まさし)
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)機構長/教授

1960年東京生まれ。筑波大学大学院修了、医学博士。米国科学アカデミー正会員。大学院生であった1987年に血管制御因子エンドセリンを、1998年に睡眠・覚醒を制御するオレキシンを発見。テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授兼ハワード・ヒューズ医学研究所研究員を経て、2001年科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(ERATO)統括責任者。2010年に内閣府・最先端研究開発支援プログラム(FIRST)の採択を受け母校に研究室を開設。2012年、文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)を設立し機構長に就任。2016年、紫綬褒章を受章。

■樋江井 哲郎(ひえい てつろう)
筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 科学コミュニケーター

京都大学大学院生命科学研究科で体内時計の研究に携わる。日本科学未来館にて科学コミュニケーターとして修業を積んだのち、皆が安心して眠れる社会づくりがしたいと現職に。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年05月12日 10:00 から2017年07月07日 19:00
申込方法 電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
関連リンク 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構ホームページ