千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

開催まで [あと21日]

「ハムレット」の哲学とキリスト教

キーワード 日比谷カレッジ
内容ハムレットは優柔不断な、ひ弱な青年と誤解されてきたが、実は行動力に満ちた偉丈夫である。『ハムレット』は、カトリックとプロテスタントが対立していた時代に書かれ、「人間とは何か」という問いを追究する哲学的作品である。この作品をどう読み解けばよいのか、そして「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」という有名な台詞の真の意味は何なのか。有名な箇所の原文の音読を交えながら、作品の神髄を究めてゆく。
日にち 2017年06月14日(水) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 河合祥一郎
プロフィール ■河合 祥一郎(かわい しょういちろう)東京大学大学院総合文化研究科教授
東京大学大学院総合文化研究科教授。英文学者。東京大学英文科卒。同大学院博士課程とケンブリッジ大学修士・博士課程修了、両大学より博士号取得。読売演劇大賞選考委員、国際演劇評論家連盟会員、新国立劇場評議員、彩の国シェイクスピアシリーズ企画委員会委員長。主著に『謎解き「ハムレット」』(ちくま学芸文庫)、サントリー学芸賞受賞の『ハムレットは太っていた!』(白水社)、『シェイクスピアの正体』(新潮文庫)、『シェイクスピア』(中公新書)など。戯曲に『国盗人』、文楽『不破留寿之太夫』ほか。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年04月20日 10:00 から2017年06月14日 19:00
申込方法 ①お電話(03-3502-3340)、②Eメール(college@hibiyal.jp)、③ご来館(1階受付)いずれかにて講座名(または講演会名)・お名前(よみがな)・お電話番号をお知らせください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30