千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

開催まで [あと25日]

歴史に学び、未来を読む

キーワード 日比谷カレッジ
内容歴史をひもとけば、新しい事実が見えてくるー。
歴史学とは単に過去をさかのぼるだけでなく、過去を丹念に調べ、現代を見つめ、未来を考える学問です。歴史とは、いわば未来への選択肢の軌跡でもあります。
今回は、歴史の転換期にメスを入れ、資料的裏付けにより、大胆に史実の新しい断面を解明します。今年は大政奉還から150年。激動の幕末、また日比谷周辺の地と関係の深い井伊直弼の話を交えながら、作家であり、メディアでも活躍中の歴史学者、加来耕三氏にわかりやすくお話しいただきます。
日にち 2017年05月26日(金) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 講座ポスター
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円(千代田区民500円)
講師・出演者 加来耕三
プロフィール ■加来 耕三(かく こうぞう)作家。
1958年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、学究生活を経て奈良大学文学部研究員。現在は大学・企業等の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動を行っている。『歴史研究』編集委員。内外情勢調査会講師、政経懇話会講師、中小企業大学校講師。また、テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼も多い。著書に『日本史は「嫉妬」でほぼ説明がつく』(方丈社)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』『財閥を築いた男たち』『徳川三代記』(ポプラ社)、『日本武術・武道大事典』(編/勉誠出版)等がある。企画・構成・監修を手がける『コミック版日本の歴史』(ポプラ社)シリーズは、50巻で累計200万部を突破している。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年03月25日 10:00 から2017年05月26日 19:00
申込方法 電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
関連リンク 加来耕三 Official website
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
発信日 2017.03.25

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール