千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

パリの“幻の漆芸家”菅原精造――アール・デコを支えた日本人

キーワード 日比谷カレッジ
内容菅原精造。

フランス、アール・デコの工芸に大きな影響を与えた、この日本人漆芸家を知る人はほとんどいません。菅原がパリに渡ったのは1905(明治38)年。ヨーロッパのアーティストたちに日本の伝統技法を伝え、それは華麗に花開きました。

「菅原がいなかったらヨーロッパの工芸はここまで発展していなかった」

とまで言われながら、一度も帰国せずにフランスで死去。彼の業績は歴史に埋もれたままでした。藤田嗣治が「私の師だった」と述べた“幻の漆芸家”菅原精造の生涯を丹念にたどり、その芸術活動を紹介します。
日にち 2017年04月27日(木) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
関連ファイル 170427 パリの“幻の漆芸家”菅原精造――アール・デコを支えた日本人 チラシ
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 熱田充克
プロ