千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

パリの“幻の漆芸家”菅原精造――アール・デコを支えた日本人

キーワード 日比谷カレッジ
内容菅原精造。

フランス、アール・デコの工芸に大きな影響を与えた、この日本人漆芸家を知る人はほとんどいません。菅原がパリに渡ったのは1905(明治38)年。ヨーロッパのアーティストたちに日本の伝統技法を伝え、それは華麗に花開きました。

「菅原がいなかったらヨーロッパの工芸はここまで発展していなかった」

とまで言われながら、一度も帰国せずにフランスで死去。彼の業績は歴史に埋もれたままでした。藤田嗣治が「私の師だった」と述べた“幻の漆芸家”菅原精造の生涯を丹念にたどり、その芸術活動を紹介します。
日にち 2017年04月27日(木) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
関連ファイル 170427 パリの“幻の漆芸家”菅原精造――アール・デコを支えた日本人 チラシ
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 熱田充克
プロフィール ■熱田 充克(あつた みつよし)歴史ジャーナリスト
1955年生。上智大学文学部卒。毎日新聞記者、フジテレビ報道局ディレクターなどを経て、1993年から四年間、パリ特派員。2002年から2003年にかけて「シリーズ検証・C型肝炎」報道で新聞協会賞、米ピーボディ賞、早稲田ジャーナリズム大賞などを受賞。家具道具室内史学会会員。著書に『ドキュメント検証C型肝炎 薬害を放置した国の大罪』(共著、小学館、2004年)、『パリの漆職人、菅原精造』(白水社、2016年)
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年02月26日 10:00 から2017年04月27日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 04月
1
2 3 4