千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】出版社と図書館が築く新しい時代

キーワード 日比谷カレッジ
内容【満員御礼受付終了】
~出版社と図書館は今どう関わりあっているのか、未来に向けてどうあるべきか~

現在の出版界が置かれている状況、出版社と図書館、著者、書店との関わりを出版の第一線で活躍する三人の講師にお話しいただきます。

より豊かな読書環境を提供するために、出版社と図書館は何ができるのか

さまざまな角度から皆さんと一緒に考えます。
日にち 2017年04月21日(金) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
関連ファイル 講座ポスター
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(事前申込順)
参加費用 500円
講師・出演者 菊池明郎/下中美都/富澤凡子
プロフィール ■菊池 明郎(きくち あきお)株式会社筑摩書房 元代表取締役社長 1971年筑摩書房入社。販売部から1977年編集部へ異動。1978年会社更生法適用後、販売課長に就任、会社再建に携わる。1984年取締役営業部長に就任。1999年社長、2011年会長、2013年相談役、2015年顧問となり現在に至る。「日本書籍出版協会・副理事長」「出版梓会・理事長」などの任を務めた。
■下中 美都(しもなか みと)株式会社平凡社 代表取締役社長 1956年東京生まれ。慶応大学仏文科卒業後、文化学園出版局入社。1995年平凡社入社。「コロナブックス」創刊編集長。2003年編集局長、2011年営業担当役員、2014年平凡社100周年を期に社長に就任。
■富澤 凡子(とみざわ ひろこ)柏書房株式会社 代表取締役社長 1970年創業の柏書房に、2005年6代目社長に就任。雑誌のアルバイト記者に始まり、さまざまな出版社で編集と営業を往還しながら責任者を務め、業界歴は36年。ジャンルにこだわらない書籍の刊行を推進し、書店・図書館での古文書講座の開催などコラボレーションの力で新しいステージを創ることを目指す。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年02月25日 10:00 から2017年04月21日 19:00
申込方法 電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号