千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】著者デビューの方法

キーワード 日比谷カレッジ
内容【満員御礼受付終了】自分の本を出してみたい!でもどうすれば…という方のために、出版~販売までのノウハウを学ぶ入門講座です。

【著者デビュー6つのポイント】
①書籍の企画書とサンプル原稿を作る。~対象読者を想定する
②企画書を出版社に売り込む。~どこの出版社の誰にどう売り込むか
③文章を書く。~ハードな作業をどう効率よく書くか
④推敲する。~複数の第三者に読んでもらい、意見を取捨選択する
⑤編集する。~編集作業は編集者に任せるが、タイトル付けは任せてはいけない
⑥著者が自著を売るために何が出来るか。~デジタルもアナログも駆使して拡げる

作家のエージェントであり、自身も作家である鬼塚忠氏が、多くの新人作家をデビューさせ、ベストセラー作家に育て上げた経験を踏まえて、著者デビューのコツを伝授します。
※小説・詩歌は除きます。
日にち 2017年04月14日(金) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 4階スタジオプラス(小ホール)
関連ファイル 講座ポスター
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 30名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 鬼塚忠
プロフィール ■鬼塚 忠(おにつか ただし)
「アップルシード・エージェンシー」代表取締役
作家のエージェント会社であり自らも著作を持つ。

【主なプロデュース作品】
『死ぬときに後悔すること25』大津秀一 単行本(致知出版社)・文庫(新潮社) 28万部
『哄う合戦屋』北沢秋 単行本・文庫(双葉社)28万部 
『情報は1冊のノートにまとめなさい』奥野宣之(Nanaブックス)32万部
『聴診器ブック』桐生迪介(日本実業出版社)8万部
『自分の小さな「箱」から脱出する方法』金森重樹監修(大和書房)25万部 38刷
『東大生が教える!超暗記術』徳田和嘉子(ダイヤモンド社)14万部
『すごい会議』大橋禅太郎(大和書房)15万部
『人に好かれる話し方』和田裕美(大和書房)25万部
『考具』加藤昌治(阪急コミュニケーションズ)14万部 32刷など多数。

【自著】
『花戦さ』(角川書店)、『ザ・エージェント』(ランダムハウス講談社)、『Little DJ』(ポプラ社)ほか多数。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年02月25日 10:00 から2017年04月14日 19:00
申込方法 電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③お電話番号をご連絡ください。
関連リンク アップルシード・エージェンシーホームペ