千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

プロパテント・ウォーズ 世界を変えた特許の歴史

キーワード 日比谷カレッジ,特許
内容イタリア・ルネッサンス期は、芸術が開花した時代であると同時に、科学技術もまた大きく進展した時代でした。

例えば、ダ・ヴィンチはモナ・リザを描くとともに、ヘリコプターや揚水機などの発明をメモに記しています。特許制度はこの時代に、ヴェネチア共和国で誕生しました。同時代に活躍したガリレオ・ガリレイは、共和国の元首に宛てて特許申請の手紙を書き残しています。

その手紙を読み解きながら、特許制度の社会的役割について解説します。その後、特許制度はイギリス、アメリカ、そして日本で導入されました。その歴史を皆さんと一緒に辿りながら、特許の今日的意味を探索してみます。
日にち 2017年03月31日(金) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 地下一階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 170331 プロパテント・ウォーズ チラシ
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 上山明博
プロフィール ■上山 明博(うえやま あきひろ)
ノンフィクション作家(日本文藝家協会 及び 日本科学史学会正会員)。
1955年 岐阜県生まれ。1999年 特許庁産業財産権教育用副読本策定普及委員会委員、2004年 同委員会オブザーバーなどを務める一方、文学と科学の融合をめざし、徹底した文献収集と関係者への取材にもとづく執筆活動を展開。主な著書に『プロパテント・ウォーズ ―国際特許戦争の舞台裏』文藝春秋(のち電子書籍)、『発明立国ニッポンの肖像』文藝春秋(のち電子書籍)、『技術者という生き方 ―発見!しごと偉人伝』ぺりかん社、『ニッポン天才伝 ―知られざる発明・発見の父たち』朝日新聞出版、『白いツツジ ―「乾電池王」屋井先蔵の生涯』PHP研究所、『関東大震災を予知した二人の男 ―大森房吉と今村明恒』産経新聞出版などがある。
主催 千代田区立日比谷図書文化館