千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】イブニングセミナー 地方自治と図書館―図書館で地域再生を

キーワード 日比谷カレッジ,図書館,地方自治
内容図書館は地域における重要な「知の拠点」として、生涯学習だけでなく「まちづくり」や「地方自治」「情報社会」という文脈においても大きな役割を果たすことが期待されています。そこで地域、特に地方での情報拠点および住民の自立を支援するために、公共図書館にはどのような可能性があるのか、対談を開催します。片山氏は鳥取県知事時代、自治体による政策立案時の情報収集のために、鳥取県庁内に「県庁図書室」を設置したり、県立高校全校に学校図書館司書を配置するなど、地方自治における図書館と、情報アクセスを支援する司書の重要性を認識し、自治体行政にも反映させてきました。また総務相時代には、地方公共団体における図書館における司書の確保、図書の充実、図書館施設の改築・増築等による地域の知の拠点づくりに対する支援を目的の一つとする「住民生活に光をそそぐ交付金」を実施しています。糸賀氏は政府の中央教育審議会生涯学習分科会の委員として図書館整備の法改正に関わったり、全国各地の図書館を視察し、特色ある図書館づくりと図書館政策について調査・研究しています。全国の事例も交えつつ図書館への期待、図書館行政の課題等をお話いただきます。
日にち 2017年03月13日(月) 19:00から20:30
日にち説明 18:30開場
場所 地下一階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 170313地方自治と図書館 チラシ
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
対象 ※学生の方は「学生証」を当日お持ちください。
参加費用 1,000円(学生500円)
講師・出演者 (講師)片山善博/糸賀雅児(聞き手)神代浩
プロフィール ■片山 善博(かたやま よしひろ)自治省入省後、能代税務署長、鳥取県総務部長、自治省府県税課長、鳥取県知事などを経て、2008年より慶應義塾大学法学部教授。併せて鳥取大学客員教授。2010年9月~2011年9月まで総務大臣。この間地方制度調査会副会長、中央教育審議会臨時委員、財政制度等審議会臨時委員、日本弁護士連合会市民会議議長、日本司法支援センター顧問、角川文化振興財団城山三郎賞選考委員、文部科学省子どもの読書サポーターズ会議座長、日本図書館協会認定司書審査会審査委員などを務める。■糸賀 雅児(いとが まさる)慶應義塾大学文学部教授。同学部教授。中央教育審議会生涯学習分科会臨時委員、文部省大学設置・学校法人審議会専門委員、文部科学省これからの図書館の在り方検討協力者会議副主査、文化庁文化審議会著作権分科会専門委員、国立国会図書館活動実績評価に関する有識者会議座長、東京都立図書館協議会副議長、鳥取県政アドバイザリースタッフ、日本図書館協会認定司書事業委員会委員長、同認定司書審査会審査委員なども務める。■神代 浩(かみよ ひろし)文部科学省科学技術・学術総括官兼政策課長。
主催 株式会社 勁草(けいそう)書房
共催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2017年01月13日 10:00 から2017年03月13日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 03月