千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】近代日本「ものづくり」夜学会 日比谷カレッジ版 20世紀最大の土木事業パナマ運河の謎(全2回) 第2回 パナマ運河はどのようにつくられたのか?

キーワード 日比谷カレッジ
内容20世紀最大の土木事業と言われ、今なお人類文明の大動脈であるパナマ運河について語る全2回の講座。第2回は、パナマ運河建設の要所である閘門式選択の理由やパナマ運河で導入された掘削の新技術等についてお話しいただき、土木史上におけるパナマ運河建設の意義も考察していただきます。
日にち 2017年03月16日(木) 19:00から21:00
日にち説明 18:30開場
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
関連ファイル 「20世紀最大の土木事業 パナマ運河の謎」(全2回)チラシ
定員 60名(事前申込順)
参加費用 1,000円(千代田区民・学生500円)
講師・出演者 清水弘幸
プロフィール ■清水 弘幸(しみず ひろゆき)
土木学会正会員、「青山士とパナマ運河」研究家として、荒川知水資料館にて開催されているアラボラ講座の講師を務める
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2016年12月15日 10:00 から2017年03月16日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2017年 03月