千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】チームの力を最大に引き出すリーダーシップのエッセンス

キーワード 日比谷カレッジ
内容各人のモチベーションを上げ、チームの力を最大限に引き出し、活きるチーム・組織をつくるためのリーダーシップのエッセンスを学びます。

人を動かし、ものごとを前に進める、講師独自のメタ理論「構造構成主義」をベースにした考え方は、既存ルールではできなかった震災支援を可能にし、さらには教育や経営、医療現場でも応用され、多くの成果を出しています。

さまざまな事例を交えながら、職場や地域のコミュニティ、家族など、大きな組織にも身近な世界にも応用できる、チームづくりに欠かせないリーダーシップ哲学を身につけます。
日にち 2016年11月29日(火) 19:00から20:45
日にち説明 18:30開場
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 講座ポスター
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 西條剛央
プロフィール ■西條 剛央(さいじょう たけお)
早稲田大学大学院(MBA)客員准教授。
1974年宮城県仙台市生まれ。2004年早稲田大学大学院人間科学研究科で博士号取得。日本学術振興会特別研究員(CD/PD)を経て、2009年より早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻専任講師、2014年より現職。専門は組織心理学、哲学、質的研究法。2002年から2007年まで「次世代人間科学研究会」を主催。2011年「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を設立。2014年「Prix Ars Electronica」のコミュニティ部門において、ゴールデン・ニカ(グランプリ)を日本人として初受賞。ベストチームオブザイヤー2014受賞。
現在、一般社団法人ふんばろう支援基金(代表理事)、スマートサバイバープロジェクト(代表)、質的心理学会理事。日本医療教授システム学会編集委員などを務める。
主な著書に『人を助けるすんごい仕組み』(ダイヤモンド社)、『構造構成主義とは何か』(北大路書房)、『ライブ講義・質的研究とは何か』(新曜社)、『チームの力ー構造構成主義による“新”組織論』(筑摩書房)など。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2016年09月25日 10:00 から2016年11月29日 19:00
申込方法 電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(講演会名)、②お名前(よみがな)、③お電話番号をご連絡ください。
関連リンク 本質行動学アカデメイア
スマートサバイバープロジェクト
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2016年 11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
発信日 2016.09.25

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール