千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】国際アンデルセン賞受賞記念 上橋菜穂子氏講演会-辿ってきた道、そして、いま-

キーワード 日比谷カレッジ
内容 『精霊の守り人』『獣の奏者』などで、子どもの本のノーベル賞と称される「国際アンデルセン賞」 作家賞 を受賞した上橋菜穂子さんをお迎えして記念講演会を開催します。

 文化人類学の研究も続けながら、作家になるまでに辿ってきた道程について、独自の世界観や思い、異世界の物語をどのように紡いでこられたのかなどをお話しいただきます。

※高校生以下の方は参加費が無料となります。中高生の方は学生証をお持ちください。

※「上橋菜穂子パネル展」を当館2階にて11月16日(日)まで開催。
日にち 2014年11月09日(日) 14:00から16:00
日にち説明 当日の受付開始 13:30~
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
関連ファイル 講演会チラシ
定員 180名(申込順)
参加費用 一般1000円、高校生以下無料
講師・出演者 上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
プロフィール 作家、文化人類学者。東京都生まれ。立教大学博士課程単位取得(文学博士)。現在、川村学園女子大学特任教授。研究テーマはオーストラリアの先住民について。

1989年に『精霊の木』でデビュー。『精霊の守り人』にはじまる「守り人シリーズ」で野間児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞・小学館児童出版文化賞を受賞、『狐笛のかなた』で野間児童文芸賞を受賞。ほか、著書に『月の森に、カミよ眠れ』『獣の奏者』などがある。

「守り人シリーズ」は、これまでにアメリカ、イタリア、スペイン、ブラジル、フランス、中国、台湾で翻訳出版されている。『獣の奏者』はフランス、ドイツ、スウェーデン、タイ、韓国、台湾で出版されている。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
協力 株式会社 偕成社
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館 (03-3502-3340)
申込期間 2014年09月24日 10:00 から2014年11月09日 13:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
カレンダー表示
イベント開催日
休館日
2014年 11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
発信日 2014.09.24

©2011 Hibiya Public Library. All Rights Reserved.

関連シール

</