千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】建築デザインから図書館を考える『世界の夢の図書館』

キーワード 日比谷カレッジ
内容世界各地に存在する、知の遺産である図書館。本を保管する役割だけでなく、人が集う場でもある空間は、箱である‘建築‘なしには語れません。更に、建築は純粋な芸術だけでなく、純粋な技術でもなく、時代の動きを反映した社会的な存在でもあります。同様に、図書館も時代と共に進化しながら、人類の知を繋いできました。そこで今回は、‘建築‘と‘デザイン‘の視点から図書館の新たな魅力を探ります。
『世界の夢の図書館』(エクスナレッジ社、2014)には、マルクスが『資本論』を書いた図書館、構想から30年を費やした図書館、修道院の中にあり世界遺産にも登録された図書館、16世紀の宮殿を改築した図書館、近未来的デザインの図書館、「総合エンターテインメント・ライブラリー」と呼ばれる図書館等が登場します。
これらを大スクリーンで、世界中の多様な歴史や文化・芸術・技術が蓄積された知の最高傑作品を鑑賞しながら、建築専門家と編集者からの視点のトークセッションと共に、図書館の過去から現在、未来へと思いを馳せるひとときをお楽しみください。
【関連展示】『世界の夢の図書館』パネル展 6/22-8/
日にち 2014年07月16日(水) 19:00から20:30
日にち説明 当日の受付開始 18:30~
場所 地下1階日比谷コンベンションホール(大ホ