千代田区立日比谷図書文化館

閉じる

イベント

終了しました

【満員御礼受付終了】ファンタジーの始めに「言葉ありき」 『指輪物語』の神話学

キーワード 日比谷カレッジ
内容2014 年に刊行60 周年を迎えるJ.R.R. トールキン作の『指輪物語』。文学や言語学に造詣の深いトールキンが、キャラクターや歴史のみならず、言語や神話に至るまで緻密に築きあげた世界は、その後のファンタジー作品に大きな影響を及ぼしました。映画『ロード・オブ・ザ・リング』の日本語字幕、吹替版エルフ語監修に続き、映画『ホビット』第1部、第2部の字幕、吹替版翻訳監修をつとめた伊藤盡氏をお招きし、トールキンの創作言語から物語の中で語られる神話まで、『ホビットの冒険』『指輪物語』の世界をお話いただきます。
日にち 2014年07月19日(土) 13:00から14:30
日にち説明 当日の受付開始 12:30〜
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 60名(申込順)
参加費用 1000円
講師・出演者 伊藤盡
プロフィール ■伊藤 盡(いとう つくす)
文献学者。専門は中世英語・中世北欧語文献